建築学科

architecture

建築設計コース

トップクラスの設計教育で、社会に貢献する建築を。

建築は様々な知識や技術が統合されています。本コースでは、設計製図の徹底的な教育を柱に、歴史や文化、環境、さらには耐震などの構造を総合的に学びます。二世帯住宅や美術館など様々な設計製図の課題へ取り組み、空間構成の技法、CAD技術を習得し、豊かな暮らしを実現できる建築家や設計技術者を育成します。

トップクラスの設計教育で、社会に貢献する建築を。

建築は様々な知識や技術が統合されています。本コースでは、設計製図の徹底的な教育を柱に、安全性や自然との調和、さらに文化・歴史なども考えた、心地よく永く愛される建築設計を学びます。また、二世帯住宅や美術館など様々な設計製図の課題や地域と連携した実践型プロジェクトを通じて、空間構成の技法やCAD技術を習得し、豊かな暮らしを実現できる建築家や設計技術者を育成します。

学びのフィールド

こんな専門分野を学べる!
こんな分野で活躍できる!

安全性や自然との調和、さらに文化・歴史なども考えた、心地よく永く愛される建築設計を学びます。地域と連携した様々な実践型プロジェクト等を通じて、建築家や設計技術者を育成していきます。

  • 建築家
  • 一級建築士
  • 建築デザイナー
  • 高等学校教諭(工業)
研究 PICK UP!
島岡成治 教授
te
人やまち、建築の歴史を未来へ生かす設計。

人間だけでなく、建物やまちも歴史的に生きています。そのような視点から、設計を考えていくことが大切です。また、まちの歴史を周囲の山・川・海といった自然との関係を含め、見直すことはとても重要なことです。東日本大震災などいくつかの教訓から、自然環境と人間の関係を改めて問い直すことが求められているのは、もともと日本の都市も住まいも自然との深い関わりの中でつくられてきたからです。自然の中で生き・生かされている人間のあり方がどうあるべきかを考え、そのような視点から、未来の設計を考えていきます。

研究分野
建築史/建築設計
te
研究 PICK UP!
西村謙司 教授
te
未来を考える力が末永く愛される建築になる。

「建築論」とは、建築に関わりながら、そのことを徹底して考え、考えたことを言葉に記述することです。さらには、その建築論をふまえて建築設計を試みる。この繰り返しの中で、理想的な建築を目指していきます。建築は、心地よい空間、自然との調和、安全性、地域の文化といった様々な要素から未来を考えることが大切です。このような考えのもと、本研究室では「沈堕の滝見公園トイレ整備計画」や「大分市中心市街地都市計画」「碩田中学校区小中一貫教育の計画設計」などのプロジェクトに携わっています。

研究分野
建築論/建築設計
te

Topics建築設計コースの記事一覧

Informationインフォメーション